足利

あしかが


Ashikaga
栃木県足利市伊勢町1丁目

  • 使用スピーカー名称
    ユニペックス小丸型(1・2)
    小VOSS(1)

  • メロディ最終変更日(バージョン変更含む)
    2015年7月24日

  • スピーカーの位置
    中ぐらい(1・2)
    やや高め(2)
    高め(2)

  • 担当支社
    高崎支社

  • コメント
    駅解説
    2面2線を有する地上駅です。
    互いのホームは跨線橋で連絡しています。
    当駅は直営駅であり、管理駅として小俣駅〜富田駅間の各駅を管理しています。 足利市の中心部にある駅ですが、渡良瀬川を挟んで対岸にある東武伊勢崎線足利市駅のほうが利便性がいいので そちらのほうが利用客が多いです。 駅周辺は都市郊外化の影響で、人口のわりに駅前はシャッターの降りた店が多いです。 駅の南側には白鴎大学足利中学校・高等学校があるため、通学時間帯を中心に学生の利用客が多いです。

    メロディ・放送解説
    メロディはご当地メロディーです。
    メロディは約13秒ほどです。 時間がある列車を狙えば余韻程度なら鳴りやすいです。 それ以上は中々鳴りません。 交換列車で時間に余裕がある列車か、一部時間に余裕がある列車が狙い目です。
    ただし、交換があるとき小山方面は信号開通が遅いので遅れてくると鳴りにくいです。

    変更履歴
    2006年1月12日
    放送装置を更新し独特なベルから通常のベルに変更されています。
    また放送も東海道型放送から仙石型放送に変更されています。
    変更当初は上下でアナウンサーが逆で発車放送で番線を言っていたようです。

    2015年7月24日
    ベルからメロディ化し、森高千里の「渡良瀬橋」に変更されています。
    同日東武鉄道の足利市に導入されたメロディとロムは同じのようです。 以前のベルは30秒あたりで切れ目がありました。

  • 足利駅
    足利駅ホームの様子(1番線ホームより)

    発車メロディー
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    両毛線
    佐野・栃木・小山方面
    渡良瀬橋A 普通
    サビのアレンジです。
    両毛線
    桐生・伊勢崎・前橋・高崎方面
    渡良瀬橋B 普通
    Aメロのアレンジです。

    2015年7月24日日中まで
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    両毛線
    佐野・栃木・小山方面
    電子ベル(低音) 普通
    約5秒連動しています。
    両毛線
    桐生・伊勢崎・前橋・高崎方面
    電子ベル(高音) 普通
    約15秒連動しています。

    接近放送
    番線
    路線名
    使用放送名
    使用接近チャイム
    音量
    両毛線
    佐野・栃木・小山方面
    仙石型放送(女声) 音色Ba やや大きい
    客が溜まりやすく録りにくいです。
    両毛線
    桐生・伊勢崎・前橋・高崎方面
    仙石型放送(男声) 音色Ca やや大きい
    連動が遅いです。

    駅別に戻る 路線別(両毛線)に戻る

    最終更新日 2015/08/02