羽鳥

はとり


Hatori
茨城県小美玉市羽鳥

  • 使用スピーカー名称
    小VOSS(1〜3)

  • メロディ最終変更日(バージョン変更含む)
    2009年8月頃

  • スピーカーの位置
    低め(1)
    中ぐらい(1〜3)
    やや高め(1〜3)

  • 担当支社
    水戸支社

  • コメント
    駅解説
    2面3線を有する地上駅です。
    常磐線のATOSによる運行管理は当駅までとなっています。
    そのためATOS型放送も当駅まで以北は駅ごとに放送が異なります。 2番線は上下待避線ですが、あまり使用しません。

    メロディ・放送解説
    メロディは東洋メディアリンクス製です。
    日中は鳴りにくいです。下りは朝・夕方を中心に余裕がある列車があり狙い目ですがフル以上は中々鳴りません。 上りはダイヤがきつい上に曲が長いので鳴りにくいです。朝の一部列車に余裕があります。
    2・3番線の一番土浦よりのスピーカーは壊れていて音が出ません。

    変更履歴
    2003年9月下旬
    放送装置を更新しメロディの音質が向上しています。
    またバージョンも変わっています。
    放送が小山型放送からカンノ放送になっています。

    2004年2月18日
    ATOS導入に伴いATOS型放送になっています。

    2009年8月頃
    2番線のメロディが「GotadelVient」から「WaterCrown」に変更されています。

    2014年12月17日
    上野東京ライン開通準備にあわせて、男声アナウンサーが変更されています。 また女声も一部トーンが変更されています。

    2014年頃
    メロディに低音ノイズが被るようになっています。

    ※2014年12月16日までの1・2番線の放送は未収録です。

  • 羽鳥駅
    羽鳥駅ホームの様子(1番線ホームより)

    発車メロディー
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    常磐線
    水戸・高萩・いわき方面
    WaterCrown(低い) 良い とても大きい
    余韻切りです。
    常磐線 (上野東京ライン)
    水戸・高萩・いわき方面
    土浦・取手・松戸・上野・東京・品川方面
    WaterCrown(低い) 良い 大きい
    兼用なので3番線の放送と被ることもあります。
    常磐線 (上野東京ライン)
    土浦・取手・松戸・上野・東京・品川方面
    GotadelVient(半音低い) 良い 大きい
    余韻切りです。中々鳴りません。

    2014年頃まで
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    常磐線
    水戸・高萩・いわき方面
    WaterCrown(低い) 良い とても大きい
    朝・夕方が狙い目です。
    自動放送、メロディともに音量が大きいです。
    常磐線
    水戸・高萩・いわき方面
    土浦・取手・松戸・上野方面
    WaterCrown(低い) 良い 大きい
    先行列車が遅れなければ後は車掌次第です。
    常磐線
    土浦・取手・松戸・上野方面
    GotadelVient(半音低い) 良い 大きい
    余韻切りです。こちらも朝・夕方が狙い目です。

    駅別に戻る 路線別(常磐線)に戻る

    2番線発車列車時刻メモ

     トイレ情報
    改札内
    設置数
    個室数
    状態
    その他

    和式(1) やや汚い 見た目的に入りたくはない…

    最終更新日 2011/09/10