日立

ひたち


Hitachi
茨城県日立市幸町1丁目

使用スピーカー名称
小丸VOSS(1~3)
JVC横長型(1~3)

メロディ最終変更日(バージョン変更含む)
2005年10月6日

  • スピーカーの位置
    やや低め(1・2)
    中ぐらい(1〜3)
    やや高め(1〜3)

  • 担当支社
    水戸支社

    コメント
    駅解説
    2面3線を有する地上駅です。
    日立製作所の最寄り駅であり、平日はその社員が多く利用しています。 そのため平日はこの周辺の駅は大変混雑します。 また貨物駅があり1番線西側でよく作業を行っています。

    メロディ・放送解説
    メロディはご当地メロディーです。
    2番線は下り方から来る場合の接近と下り発車は男声で、上り方から来る場合と上り発車は女声となります。 接近放送は特急列車の場合は号数まで言い、3番線に関しては2回流れます。 普通列車は小山行、竜田行に限り前者は「水戸方面」、後者は「いわき方面」と行き先放送が流れる前に付帯します。 またその後に「危ないですから黄色い線までお下がり下さい」と流れます。 ほかの行き先では流れません。 朝と夕方混雑時間帯(7時〜9時?・16時〜18時?)の普通列車に限り接近放送後に「ご乗車になりましたら、車内の中ほどまでお進みください」と付帯放送が流れます。
    曲が長く時間に余裕もないためあまり鳴りません。 上下線ともラッシュ時は鳴りやすいですがあまりお勧めできません。 2番線は先行列車が遅れなければ鳴りやすいです。1番線は朝、3番線は朝と夕方の特急にやや余裕があるようです。 改札からの駅員放送が被ることが多いです。
    到着・終着放送がありましたが、現在は終着放送のみ流れます。
    深夜音量が設定されています。

    変更履歴
    2005年10月6日
    メロディが東洋メディアリンクス製から吉田正氏が作曲したメロディに変更されました。 これは吉田正氏が現日立市出身が由来です。

    2011年4月7日
    放送装置更新しメロディの音質が向上しています。
    また放送が東海道型放送から合成音声放送に変更されました。
    当駅で使用されていた東海道型放送はJR東海で使用されているタイプの放送で、通常の東海道型放送とはトーンなどが異なりました。

    2011年4月29日頃
    発車放送が「○番線、ドアが閉まります。ご注意ください」に変更されています。

    2011年5月4日頃
    発車放送が従来の「○番線の、○○行きが発車します」に戻っています。

    2011年5月28日頃
    発車放送の「ドア」の部分のイントネーションが変更されています。

    2012年3月17日
    特急の接近放送の言い回し等が変更されています。

    2013年6月28日
    発車放送の「普通列車」が言わないようになりました。特急の場合は言います。

    2013年7月21日
    2番線発車時の発車放送のみ「下り列車」という言い回しに変更されています。

    2013年8月3日
    3番線の到着放送の言い回しが変更されています。

    2013年8月6日
    普通列車の接近放送に「ご乗車になりましたら、車内の中程にお進みください。」という文面が追加されました。 朝・夕方ラッシュ時のみ流れます。

    2014年3月19日
    発車放送が「○番線、ドアが閉まります。ご注意ください」 に変更されています。

  • 日立駅
    日立駅ホームの様子(1・2番線ホームより)

    発車メロディー
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    常磐線
    高萩・泉・いわき方面
    寒い朝 良い やや大きい
    余韻切りです。放送は短くなりました。
    常磐線
    高萩・泉・いわき方面
    寒い朝 普通 やや大きい
    開通に問題なければ後は車掌次第です。
    常磐線
    水戸・土浦・上野方面
    いつでも夢を 良い やや大きい
    たまたま鳴りました。

    2014年3月18日まで
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    常磐線
    高萩・泉・いわき方面
    寒い朝 良い やや大きい
    これでフルです。以前より余韻が短くなっています。
    放送は普通列車高萩行です。
    常磐線
    高萩・泉・いわき方面
    寒い朝 普通 やや大きい
    2コーラス目に入っています。 放送は普通列車いわき行です。
    常磐線
    水戸・土浦・上野方面
    いつでも夢を 良い やや大きい
    余韻切りです。放送は特急列車上野行です。

    2005年10月6日〜2011年4月6日まで
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    常磐線
    高萩・泉・いわき方面
    寒い朝 普通 大きい
    余韻切りです。放送は特急列車高萩行です。
    常磐線
    高萩・泉・いわき方面
    寒い朝 普通 大きい
    信号の開通が遅れると鳴りにくいです。 放送は普通列車高萩行です。
    常磐線
    水戸・土浦・上野方面
    いつでも夢を 普通 大きい
    ラッシュ時で録りました。
    放送は普通列車水戸行です。

    接近放送
    番線
    路線名
    使用放送名
    使用接近チャイム
    音量
    常磐線
    高萩・泉・いわき方面
    合成音声放送(男声) 音色Ca やや大きい
    放送は4両編成いわき方面普通列車竜田行です。
    常磐線
    高萩・泉・いわき方面
    合成音声放送(男声) 音色Ca やや大きい
    放送は10両編成普通列車いわき行です。
    常磐線
    水戸・土浦・上野方面
    合成音声放送(女声) 音色Ba やや大きい
    放送は5両編成水戸方面普通列車小山行です。

    2013年8月5日まで
    番線
    路線名
    使用放送名
    使用接近チャイム
    音量
    常磐線
    高萩・泉・いわき方面
    合成音声放送(男声) 音色Ca やや大きい
    女声から男声に変更されました。
    放送は7両編成特急列車フレッシュひたち号いわき行です。
    常磐線
    高萩・泉・いわき方面
    合成音声放送(男声) 音色Ca やや大きい
    この列車のみ「おまたせしました」というパーツがあります。
    放送は10両編成日立止まり折り返し普通列車我孫子行です。
    常磐線
    水戸・土浦・上野方面
    合成音声放送(女声) 音色Ba やや大きい
    放送は11両編成特急列車スーパーひたち号上野行です。

    2005年10月6日〜2011年4月6日まで
    番線
    路線名
    使用放送名
    使用接近チャイム
    音量
    常磐線
    高萩・泉・いわき方面
    東海道詳細型放送(女声) 音色Ba 大きい
    放送は7両編成特急列車スーパーひたち号いわき行です。
    常磐線
    高萩・泉・いわき方面
    東海道詳細型放送(女声) 音色Ba 大きい
    放送は10両編成普通列車高萩行です。
    常磐線
    水戸・土浦・上野方面
    東海道詳細型放送(女声) 音色Ba 大きい
    放送は10両編成普通列車上野行です。

    2番線発車列車時刻メモ

    駅別に戻る 路線別(常磐線)に戻る

    最終更新日 2015/03/08