ひたち野うしく

ひたちのうしく


Hitachino-Ushiku
茨城県牛久市ひたち野西3丁目

  • 使用スピーカー名称
    小VOSS(1〜4)

  • メロディ最終変更日
    2016年1月27日

  • スピーカーの位置(バージョン変更含む)
    やや低め(1〜4)
    中ぐらい(1〜4)

  • 担当支社
    水戸支社

  • コメント
    駅解説
    2面4線を有する地上駅です。 当駅は臨時駅・万博中央駅の跡地に1998年3月14日に開設された駅です。 一部の特急フレッシュひたちが停車します。乗降は藤代~土浦間では最も少ないです。
    1・4番線は待避線で使用頻度はそこそこあります。

    メロディ・放送解説
    メロディは東洋メディアリンクス製です。
    上下線とも朝にダイヤに余裕がある列車があるのでそれが狙い目です。 待避線は先行列車が定時の場合は車掌次第です。
    開業当時は到着放送がありました。

    変更履歴
    2004年2月19日
    ATOS導入に伴い新型ATOS放送になっています。

    2015年1月14日
    上野東京ライン開通準備にあわせて、男声アナウンサーが変更されています。また女声も一部トーンが変更されています。

    2016年1月27日
    放送装置を更新しメロディの音質が向上しています。
    またメロディのバージョンが変更となっています。

  • ひたち野うしく駅
    ひたち野うしく駅ホームの様子(1・2番線ホームより)

    発車メロディー
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    常磐線 (上野東京ライン)
    取手・松戸・上野・東京・品川方面
    WaterCrown(低い) 良い 大きい
    朝の待避のほうがいいです。
    常磐線 (上野東京ライン)
    取手・松戸・上野・東京・品川方面
    WaterCrown(低い) 良い 大きい
    音量は大きいままです。
    常磐線
    土浦・水戸・高萩・いわき方面
    GotadelVient(半音低い) 良い 大きい
    余韻切りです。
    常磐線
    土浦・水戸・高萩・いわき方面
    GotadelVient(半音低い) 良い 大きい
    10時台の最初の待避がオススメです。

    2016年1月26日まで
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    常磐線 (上野東京ライン)
    取手・松戸・上野・東京・品川方面
    WaterCrown やや悪い 大きい
    音割れ気味です…
    常磐線 (上野東京ライン)
    取手・松戸・上野・東京・品川方面
    WaterCrown やや悪い 大きい
    音が大きいので音割れしやすいです。
    常磐線
    土浦・水戸・高萩・いわき方面
    GotadelVient(低い) やや悪い 大きい
    音割れ気味です…
    常磐線
    土浦・水戸・高萩・いわき方面
    GotadelVient(低い) やや悪い 大きい
    フルコーラスです。音割れしてます。

    2015年1月13日までの放送
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    常磐線 (上野東京ライン)
    取手・松戸・上野・東京・品川方面
    WaterCrown やや悪い 大きい
    待避線です。先行列車が遅れなければ鳴りやすいです。
    常磐線
    土浦・水戸・高萩・いわき方面
    GotadelVient(低い) やや悪い 大きい
    最後まで流れやすいです。

    1・4番線発車列車時刻メモ

    駅別に戻る 路線別(常磐線)に戻る

    最終更新日 2016/03/29