市川

いちかわ



Ichikawa
千葉県市川市市川1丁目

  • 使用スピーカー名称
    CLD標準型(1〜4)
    小丸VOSS(4)

  • メロディ最終変更日(バージョン変更含む)
    2008年9月18日

  • スピーカーの位置
    やや低め(1〜4)
    中ぐらい(1〜4)
    やや高め(1〜4)

  • 担当支社
    千葉支社

    コメント
    駅解説
    2面4線を有する高架駅です。
    快速線ホームの外側には通過線があり快速電車の多くは当駅で特急または通勤快速の待避をします。 停車する列車は分岐器を通過するために大きく揺れることがあり、到着前と出発直後に注意を促す放送が流れます。 待避がなくとも通過列車は通過線を通過します。通過線を通過する場合は接近放送は流れません。
    改札口は中央口とショッピングセンター口の2か所あります。 高架下には飲食店や衣料品店などが入居する「Shapo市川」があります。 乗降は通過駅で西隣の小岩駅より利用者が少ないです。 また市川駅を名乗っていますが、市川市の主要機関がある駅は隣の本八幡駅となります。

    メロディ・放送解説
    メロディはスイッチ製です。
    緩行、快速ともに採取駅であり周辺駅よりは鳴りやすいです。
    しかしながらフル以上は粘りが必要です。 特に緩行線ホームは時間があっても余韻切り、フルが多く2コーラス目は中々入りません。
    快速線ホームは待避で先行列車が遅れなかった場合や時間がある電車であればフル以上期待できます。 特に4番線は2コーラス目に入りやすい傾向にあります。

    変更履歴
    1998年12月12日
    1・2番線がベルからメロディに変更されています。

    1999年8月25日
    3・4番線がベルからメロディに変更されてます。

    2000年5月25日
    ATOS導入に伴い、ATOS型放送になっています。
    以前は総武暫定型放送でした。

    2008年9月18日日中
    全ホームメロディが変更されスイッチ製になっています。
    このときは放送装置は更新されませんでした。

    2013年3月6日
    放送装置を更新しメロディの音質が向上しています。
    また低音ノイズが被るようになり曲の余韻が短くなっています。

    2014年2月19日
    ATOS端末を更新し、新型ATOS放送になっています。

  • 市川駅
    市川駅ホームの様子(3・4番線ホームより)

    発車メロディー
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    総武線・中央線各駅停車
    御茶ノ水・新宿・中野・三鷹方面
    森の妖精 やや良い
    これでフルです。あまり時間がありません。
    総武線各駅停車
    船橋・津田沼・千葉方面
    朝つゆ やや良い
    時間があっても中々フル以上鳴りません。
    総武線快速 横須賀線
    東京・横浜・大船・久里浜方面
    ムーンストーン やや良い
    時間調整する電車が狙い目です。
    総武線快速
    船橋・津田沼・千葉方面
    楽々鉄道旅行 やや良い やや小さい
    平日の夕方ラッシュ時が一番鳴りやすいです。

    駅別に戻る 路線別(横須賀線・総武快速線)に戻る
    路線別(中央・総武線各駅停車)に戻る

    最終更新日 2014/04/14