飯田橋

いいだばし


Idabashi
東京都千代田区飯田橋4丁目

  • 使用スピーカー名称
    ユニペックス小丸型(1・2)

  • メロディ最終変更日(バージョン変更含む)
    2005年3月10日

  • スピーカの位置
    やや低め(1・2)
    中ぐらい(1・2)

  • 担当支社
    東京支社

  • コメント
    駅解説
    1面2線を有する高架駅です。
    東京メトロ有楽町線・東西線・南北線との乗り換え駅です。 地形が傾斜しているため東口側は高架駅舎のようになっていますが、 西口側は橋上駅舎となっていて牛込橋に面しています。 ホームが急カーブに位置するため、ホームと電車の間には広い隙間ができます。 そのため車内アナウンスでも注意が促されるほか、警報のための回転灯など転落防止のための設備が多く設置されています。 接近放送でもその旨の放送が流れます。またホームに落ちると警報がなるようになっています。

    メロディ・放送解説
    メロディはサウンドファクトリー製とサウンドフォーラム製です。
    スピーカーの配置を見ると分離しているように見えますが、兼用です。 放送は1系統なので放送同士は被りません。 ラッシュ時も中々鳴らない上に放送が兼用のため綺麗に録るのは難しいです。 またカーブ上で見通しが悪いため常時立ち番がいて合図を出しています。 あまり喋りませんが、ラッシュ時はそこそこ喋ります。
    朝7時までは周辺環境に配慮して自動放送は一切流れないので注意です。 メロディは流れます。 到着放送があります。

    変更履歴
    2001年9月6日
    放送装置を更新しメロディのバージョンが変更となっています。

    2005年3月10日
    宗次郎の著作権がらみでメロディが変更されています。
    2番線は路線での統一のため変更されています。

    2013年1月18日
    ATOS端末が更新され、新型ATOS放送になっています。

    2014年6月頃
    到着放送が流れるようになりました。

    2018年12月8日
    男声アナウンサーが田中一永氏に変更されています。 また女声アナウンサーの一部トーンも変更されています。 また接近放送の言い回しが「黄色い線~」から「黄色い点字ブロックまで~」に変更されています。

  • 飯田橋駅
    飯田橋駅ホームの様子(1・2番線ホームより)

    発車メロディー
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    総武線・中央線各駅停車
    御茶ノ水・秋葉原・船橋・津田沼・千葉方面
    春NewVer やや良い 大きい
    到着放送があるのと兼用なので難易度高いです。
    総武線・中央線各駅停車
    新宿・中野・三鷹方面
    教会の見える駅 やや良い やや大きい
    余韻切りです。快速の通過も厄介です。

    2018年12月7日までの放送
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    総武線・中央線各駅停車
    御茶ノ水・秋葉原・船橋・津田沼・千葉方面
    春NewVer やや良い やや大きい
    余韻切りです。ラッシュ時でもあまり鳴りません。

    駅別に戻る 路線別(総武・中央線各駅停車)に戻る

    東京メトロ南北線ホームへ

    最終更新日 2019/02/25