籠原

かごはら


Kagohara
埼玉県熊谷市新堀

  • 使用スピーカー名称
    小VOSS(1~4)
    JVC横長型(1~4)
    ユニペックス小丸型(3・4)

  • メロディ最終変更日(バージョン変更含む)
    2008年4月1日

  • スピーカーの位置
    やや低め(1〜4)
    中ぐらい(1〜4)

  • 担当支社
    高崎支社

  • コメント
    駅解説
    2面4線を有する地上駅です。
    当駅は高崎寄りに籠原運輸区および高崎車両センター籠原派出所があり、当駅始発・終着列車があります。 当駅から先高崎方面へは15両編成は対応できないので、必ず当駅で切り離しを行います。 ただし、深谷駅3番線は対応できるため深谷行に関しては行いません。 1・3番線が本線、2・4番線が副線です。2番線の使用列車は多いですが、4番線が回送列車等が使うことが多く 4番線発車はあまりありません。
    駅名は当初所在地名から「新堀駅」と名づけられる予定でしたが、 同じく貨物駅を兼ねてあった東京都の日暮里駅と混同される恐れが出てきたため、 付近の小字名を取って籠原駅と名づけられたようです。 ただし小字名の読みは「こもりはら」であったそうです。 開業以来長らく地名と駅名が合致しない状態であったが、 熊谷市民や近隣住民は駅一帯を指して「籠原」と意識してきたようです。

    メロディ・放送解説
    メロディはご当地メロディです。
    常時立ち番がいるため駅員放送が被りやすいです。 比較的、早朝は被りにくいです。 始発・時間調整が多いですが信号開通が遅くなりにくいです。 また時間があっても余韻切りがほとんどでフル以上はめったに鳴りません。

    変更履歴
    2005年1月19日
    ATOS導入に伴い、ATOS型放送になっています。

    2007年6月1日
    放送装置を更新しメロディの音質が向上しています。
    また余韻が短くなっています。

    2008年4月1日
    メロディが熊谷市歌に変更されています。
    歌い出しの部分をアレンジしたものです。

    2014年11月27日
    上野東京ライン開通準備にあわせて、男声アナウンサーが変更されています。また女声も一部トーンが変更されています。

  • 籠原駅
    籠原駅ホームの様子(1・2番線ホームより)

    発車メロディー
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    高崎線 (湘南新宿ライン)
    熊谷・大宮・上野・東京・横浜・大船方面
    熊谷・大宮・池袋・新宿・横浜・大船方面
    熊谷市歌B 良い 大きい
    余韻切りです。余韻が長いです。
    高崎線 (湘南新宿ライン)
    熊谷・大宮・上野・東京・横浜・大船方面
    熊谷・大宮・池袋・新宿・横浜・大船方面
    熊谷市歌B 良い 大きい
    余韻切りです。放送のみ変更です。
    高崎線
    高崎方面
    熊谷市歌B 良い 大きい
    余韻切りです。朝が狙い目です。
    高崎線
    高崎方面
    熊谷市歌B 良い 大きい
    使用頻度は少ないです。高崎線様からお借りしました。

    2014年11月26日までの放送
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    高崎線 (湘南新宿ライン)
    熊谷・大宮・上野方面
    熊谷・大宮・池袋・新宿・横浜・大船方面
    熊谷市歌B 良い 大きい
    余韻切りです。
    高崎線
    高崎方面
    熊谷市歌B 良い 大きい
    これでフルです。あまり鳴りません。

    2007年6月1日〜2008年3月31日まで
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    高崎線 (湘南新宿ライン)
    熊谷・大宮・上野方面
    熊谷・大宮・池袋・新宿・横浜・大船方面
    JR-SH5-1 良い
    高崎線様からお借りしました。余韻が短かったです。
    高崎線 (湘南新宿ライン)
    熊谷・大宮・上野方面
    熊谷・大宮・池袋・新宿・横浜・大船方面
    JR-SH5-1 良い
    高崎線様からお借りしました。
    高崎線
    高崎方面
    JR-SH5-1 良い
    高崎線様からお借りしました。
    高崎線
    高崎方面
    JR-SH5-1 良い
    高崎線様からお借りしました。

    駅別に戻る 路線別(高崎線)に戻る

    最終更新日 2015/02/26