北朝霞

きたあさか


Kita-Asaka
埼玉県朝霞市浜崎1丁目

  • 使用スピーカー名称
    BOSE(1・2)
    ユニペックス小丸型(1・2)

  • メロディ最終変更日(バージョン変更含む)
    1999年12月4日

  • スピーカーの位置
    やや低め(1)
    中ぐらい(1・2)

  • 担当支社
    大宮支社

  • コメント
    駅解説
    1面2線を有する高架駅で、東武東上線との乗換駅です。
    東武東上線は「朝霞台駅」で乗換えとなります。
    駅の建物は数10メートル離れていますが、 乗換ルートにあたる部分に屋根があり、雨天時でも濡れることなく乗り換え可能です。
    乗降は多く武蔵野線内では第3位、埼玉県内の駅では第5位です。 2014年12月13日に西浦和駅方向へホームを40m延伸する工事が完了しました。 供用開始と同時に府中本町方面の停車位置を武蔵浦和方向へ40m移動しています。 電車の止まらない位置には柵が設けられています。 混雑緩和が目的です。むさしの号は当駅を出ると大宮になり、西浦和駅は通過となります。

    メロディ・放送解説
    メロディはテイチク製です。
    朝・夕方ラッシュ時を中心に鳴りやすいです。フル以上は粘りが必要です。 日中でも余韻切り程度なら鳴りやすいです。 朝ラッシュ時は7時20分から8時半まで通対が出ます。
    到着放送があります。連動は遅めです。

    変更履歴
    1999年12月4日
    放送装置を更新しユニペックス製からテイチク製のメロディに変更されています。
    放送がユニペックス放送から東海道型放送に変更されています。

    2003年2月28日
    放送が武蔵野PRC放送に変更されています。

    2011年7月26日
    放送装置を更新しメロディの音質が向上しています。

    2012年1月22日朝
    ATOS導入に伴いATOS型放送になっています。

  • 北朝霞駅
    北朝霞駅ホームの様子(1・2番線ホームより)

    発車メロディー
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    武蔵野線
    西国分寺・府中本町方面
    スプリングボックス 良い 大きい
    延伸部分にあるスピーカーでの収録です。
    武蔵野線
    南浦和・南越谷・新松戸・西船橋方面
    メロディ 良い 大きい
    到着放送は1番線よりかは連動早いです。

    駅別に戻る 路線別(武蔵野線)に戻る

    最終更新日 2014/12/19