栗橋

くりはし


Kurihashi
埼玉県久喜市栗橋北1丁目

  • 使用スピーカー名称
    National小型(1~3)
    TOA(1~3)

  • メロディ最終変更日(バージョン変更含む)
    2016年1月21日

  • スピーカーの位置
    低め(1~3)
    やや低め(1~3)

  • 担当支社
    大宮支社

  • コメント
    駅解説
    2面3線を有する地上駅です。
    東武日光線との乗換駅です。 当駅にはJR東日本の線路と東武鉄道の線路をつなぐ連絡線が設置されています。 連絡線は両社の土地の境界線付近に設置され東武の側線跡の土地も利用し、 連絡線の途中には両社の乗務員が交代するためのデッキおよび乗務員詰所が設置されています。 JRと東武を直通する特急は当駅で乗客の乗降扱いを行いません。 そのため、旅客用ホームは設けられていなく、列車は運転停車します。 線路の配置は運転本数が少ないため、単純な平面交差となっています。 また両社連絡線設置に伴い、長さ80メートルのデッドセクションが設置されています。 これは双方の電源の混触を防ぐために設置されています。
    2番線発着の旅客は設定されていません。

    メロディ・放送解説
    メロディは東洋メディアリンクス製です。
    上下線ともダイヤがきつく鳴りにくいです。 特に下りは曲も長く鳴りづらいです。 幾分朝方は鳴りやすい傾向にあります。
    到着放送があります。以前は乗り換え案内放送もありました。

    変更履歴
    2000年12月10日
    放送装置を更新しベルからメロディになっています。

    2005年1月14日
    ATOS導入に伴い、ATOS型放送になっています。

    2014年11月25日
    上野東京ライン開通準備にあわせて、男声アナウンサーが変更されています。また女声も一部トーンが変更されています。

    2016年1月21日
    放送装置を更新しメロディの音質が向上しています。
    またバージョンが変更されています。

  • 栗橋駅
    栗橋駅ホームの様子(1番線ホームより)

    発車メロディー
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    宇都宮線 (湘南新宿ライン)
    大宮・赤羽・上野・東京・横浜・大船方面
    大宮・赤羽・池袋・新宿・横浜・大船方面
    WaterCrown(低い) 良い やや大きい
    余韻切りです。フル以上は中々鳴りません。
    宇都宮線 (上野東京ライン)
    大宮・赤羽・上野・東京・横浜・大船方面
    GotadelVient(半音低い) 良い やや大きい
    自動放送の音量が極小になっています。
    宇都宮線
    古河・小山・宇都宮・黒磯方面
    GotadelVient(半音低い) 良い やや大きい
    余韻切りです。中々鳴りません。

    2016年1月20日まで
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    宇都宮線 (湘南新宿ライン)
    大宮・赤羽・上野・東京・横浜・大船方面
    大宮・赤羽・池袋・新宿・横浜・大船方面
    WaterCrown やや良い やや大きい
    ラッシュ時でもあまり鳴りません。
    宇都宮線 (上野東京ライン)
    大宮・赤羽・上野・東京・横浜・大船方面
    GotadelVient やや良い やや大きい
    寝台特急の待避なので空のときが狙い目です。
    宇都宮線
    古河・小山・宇都宮・黒磯方面
    GotadelVient やや良い やや大きい
    放送のみ変更です。余韻切りです。

    2014年11月24日までの放送
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    宇都宮線
    古河・小山・宇都宮・黒磯方面
    GotadelVient やや良い やや大きい
    TOAのほうが綺麗に聞こえます。

    2番線発車列車時刻メモ

    駅別に戻る 路線別(宇都宮線)に戻る

    最終更新日 2016/02/28