真鶴

まなづる


Manaduru
神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴

  • 使用スピーカー名称
    ユニペックス小丸型(1・2)
    ユニペックス小型(1・2)
    ユニペックスマリン(1・2)

  • メロディ最終変更日(バージョン変更含む)
    2015年2月11日

  • スピーカーの位置
    やや低め(1・2)
    中ぐらい(1・2)

  • 担当支社
    横浜支社

    コメント
    駅解説
    1面2線を有する地上駅です。
    島式ホーム1面2線を有する地上駅。駅舎とホームは地下通路で連絡しています。 当駅は直営駅です。 ホームが大きく湾曲しており、見通しが悪いため輸送担当駅員が発車メロディを扱い、乗降終了合図を行っています。 駅名と町名は「まなづる」、大字は「まなつる」と読みます。

    メロディ・放送解説
    メロディは東洋メディアリンクス製です。
    鳴るかは駅員しだいです。しかしながらあまり鳴らさない人が多く、フル以上は厳しいです。 朝方は時間があります。スピーカーは兼用のため放送が被りやすいので注意です。 スピーカー兼用、駅員放送・到着放送が被りやすく難易度は高いです。 また道路や学校が近くにあり雑音も入りやすいです。
    到着放送があります。

    変更履歴
    2001年2月10日
    放送が仙石型放送に変更されています。

    2001年10月10日
    ATOS導入に伴いATOS型放送になりました。

    2013年3月15日
    ATOS端末を更新し、新型ATOS放送になっています。
    これに伴い、2番線の到着放送と到着予告放送が男声になっています。

    2014年12月4日
    上野東京ライン開通準備にあわせて、男声アナウンサーが変更されています。

    2015年2月11日
    放送装置を更新しメロディの音質が向上しています。
    またバージョンも変更されています。

  • 真鶴駅
    真鶴駅ホームの様子(1・2番線ホームより)

    発車メロディー
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    東海道線
    熱海・沼津方面
    WaterCrown(低い) 良い
    駅員放送が被っています。
    東海道線 (上野東京ライン)
    小田原・平塚・大船・横浜・東京・上野方面
    WaterCrown(低い) 良い
    駅員放送被っています。余韻切りです。

    2015年2月10日まで
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    東海道線
    熱海・沼津方面
    WaterCrown(半音低い) やや良い やや大きい
    駅員放送と到着放送が被っています。
    東海道線 (上野東京ライン)
    小田原・平塚・大船・横浜・東京・上野方面
    WaterCrown(半音低い) やや良い やや大きい
    駅員放送被っています。

    駅別に戻る 路線別(東海道線)に戻る

    最終更新日 2015/05/24