武蔵五日市

むさしいつかいち


Musashi-Itsukaichi
東京都あきる野市舘谷台

  • 使用スピーカー名称
    BOSE(1・2)

  • メロディ最終変更日(バージョン変更含む)
    2006年3月18日

  • スピーカーの位置
    とても高め(1・2)

  • 担当支社
    八王子支社

  • コメント
    駅解説
    1面2線を有する高架駅です。
    1996年7月6日に高架化しています。 現在は五日市線の終着駅ですが、かつては武蔵岩井駅まであり、なおかつ北方向に分岐する「岩井支線」がありました。 高架化は頭端駅構造ではなく中間駅構造で行われ下り先端部は延伸できる構造になっています。 かつて檜原村への延伸要望がありましたが、JRからは今後の構想や計画については特に公表されていません。 平日日中は1番線、土・休日日中は2番線しか使用しません。 土・休日はホリデー快速「あきがわ」になる列車が1番線に留置されているためです。 夜間留置が2本設定されています。

    メロディ・放送解説
    メロディはテイチク製です。
    始発なので比較的鳴りやすいですが、2コーラス目にはあまり入りません。 メロディは途中で切っても最後まで流れるため途中切りはないです。 日中は片方のみの使用なので厄介です。 到着と発車時刻が近いと信号が開通せずすぐに切られることがあります。 スピーカーは位置が高く密着しずらいです。 配線がおかしく1番線側のスピーカーから2番線、2番線側のスピーカーから1番線の放送が それぞれ流れます。
    終着放送があります。

    変更履歴
    1996年7月6日
    発車メロディが導入されています。

    2006年3月18日
    メロディが五感工房製からテイチク製に変更されています。
    メロディが使用された他駅に合わせたと思われます。
    またメロディを途中で切っても最後まで流れるようになっています。

    2012年8月9日
    放送装置を更新しメロディの音質が向上しています。
    放送が東海道型放送から合成音声放送に変更されています。

    2017年2月15日
    ATOS導入に伴い、ATOS型放送になっています。

  • 武蔵五日市駅
    武蔵五日市駅ホームの様子(1・2番線ホームより)

    発車メロディー
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    五日市線・青梅線
    拝島・立川方面
    farewell 良い
    2コーラス目にはあまり入りません。
    五日市線・青梅線
    拝島・立川方面
    朝の静けさ 良い やや小さい
    スピーカーがどこも高いです。

    駅別に戻る 路線別(五日市線)に戻る

    最終更新日 2017/03/12