武蔵新城

むさししんじょう


Musashi-Shinjo
神奈川県川崎市中原区上新城2丁目

  • 使用スピーカー名称
    小VOSS(1・2)

  • メロディ最終変更日(バージョン変更含む)
    1994年頃

  • スピーカーの位置
    中ぐらい(1・2)

  • 担当支社
    横浜支社

  • コメント
    駅解説
    1面2線を有する高架駅です。
    かつては2面2線を有する地上駅でした。 乗降は武蔵溝ノ口や武蔵小杉にはおよびませんが、周辺では多いほうです。 駅には駅ビル「アルカード武蔵新城」があります。

    メロディ・放送解説
    メロディは五感工房製です。
    スピーカーは兼用ですが、放送は2系統で流れます。 優先順があるようで、「到着放送<発車予告<接近放送=発車放送」となっているようです。 ラッシュ時は鳴りやすいです。兼用なので放送やメロディが被りやすいのが難点です。 またラッシュ時でもフル以上は粘りが必要です。
    到着放送があります。

    変更履歴
    1994年頃
    メロディが東洋メディアリンクス製から五感工房製に変更されています。

    2005年12月13日
    放送が総武暫定型放送から仙石型放送に変更されています。

    2006年4月4日
    ATOS導入に伴い、ATOS型放送になりました。

    2014年1月24日
    放送装置を更新しメロディの音質が向上しています。
    以前は余韻が他の駅より短く独自のものでした。

  • 武蔵新城駅
    武蔵新城駅ホームの様子(1・2番線ホームより)

    発車メロディー
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    南武線
    武蔵小杉・矢向・川崎方面
    JR-SH2-1 良い 小さい
    更新してもスピーカーは兼用のままです。
    南武線
    武蔵溝ノ口・登戸・府中本町・立川方面
    JR-SH5-1 良い 小さい
    以前より余韻が短くなっています。

    2015年1月23日まで
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    南武線
    武蔵小杉・矢向・川崎方面
    JR-SH2-1 やや悪い 小さい
    朝ラッシュ時でも余韻切りが多いです。
    南武線
    武蔵溝ノ口・登戸・府中本町・立川方面
    JR-SH5-1 やや悪い 小さい
    夕方ラッシュ時なら2コーラス目期待できます。
    スピーカーが兼用なので放送が被りやすいです。

    駅別に戻る 路線別(南武線)に戻る

    最終更新日 2015/04/02