根府川

ねぶかわ


Nebukawa
神奈川県小田原市根府川

  • 使用スピーカー名称
    ユニペックス小型(2〜4)
    ユニペックス小丸型(2〜4)
    Panasonicクリアホーン型(2・3)
    ユニペックスマリン(4)

  • メロディ最終変更日(バージョン変更含む)
    2016年3月31日

  • スピーカーの位置
    やや低め(2~4)
    中ぐらい(2~4)

  • 担当支社
    横浜支社

    コメント
    駅解説
    2面3線を有する地上駅です。
    関東の駅百選認定駅で、東海道線内では唯一の無人駅です。 当駅は真鶴駅が管理しています。 1番線はなく2~4番線しかありません。 1番線は貨物列車専用のホームでしたが、1970年頃に撤去されています。 3番線は上下副線です。主に下り列車の特急待避で使用しています。 上り待避は土休日に1本しかありません。 東側の4番線は国道135号を挟んで相模湾に面しており、 よく晴れた日には房総半島や伊豆大島まで見渡すことができます。 元旦にはJR東日本が運行する初日の出号が停車します。 高度差が大きいため、ホームはがけの下、駅舎はがけの上にあります。

    メロディ・放送解説
    メロディは東洋メディアリンクス製です。
    下りは曲が長いので切られることが多いです。 上りは下りに比べてダイヤに余裕がなく途中切りが多いです。 一部列車に余裕があるようです。 3番線は先行列車しだいです。 ただし定時発車でも1コーラスで切られることが多いです。 2・3番線は兼用スピーカーのため放送が被るときがあります。

    変更履歴
    2001年2月3日 放送装置を更新しメロディのバージョンが変更されています。
    放送が小山型放送から東海道簡易型放送に変更されています。

    2001年10月10日
    ATOS導入に伴いATOS型放送になりました。

    2012年12月1日
    ATOS端末を更新し、新型ATOS放送になっています。

    2014年12月4日午後
    上野東京ライン開通準備にあわせて、男声アナウンサーが変更されています。

    2016年3月31日
    放送装置を更新しメロディの音質が向上しています。
    またバージョンも変更されています。

  • 根府川駅
    根府川駅ホームの様子(2・3番線ホームより)

    発車メロディー
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    東海道線 (上野東京ライン)
    小田原・平塚・大船・横浜・東京・上野方面
    WaterCrown(低い) 良い やや小さい
    余韻切りです。朝が狙い目です。
    東海道線
    熱海・沼津方面
    WaterCrown(低い) 良い やや小さい
    余韻切りです。空待避が狙い目です。
    東海道線
    熱海・沼津方面
    GotadelVient(半音低い) 良い やや小さい
    余韻切りです。時間があっても切られやすいです。

    2016年3月30日まで
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    東海道線 (上野東京ライン)
    小田原・平塚・大船・横浜・東京・上野方面
    WaterCrown(半音低い) やや良い
    余韻切りです。ダイヤがきつく鳴りにくいです。
    東海道線
    熱海・沼津方面
    WaterCrown(半音低い) やや良い
    放送のみ変更されています。
    東海道線
    熱海・沼津方面
    GotadelVient(半音低い) やや良い やや小さい
    余韻切りです。

    2014年12月4日午前中までの放送
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    東海道線
    熱海・沼津方面
    小田原・平塚・大船・横浜・東京方面
    WaterCrown(半音低い) やや良い
    これでフルです。中々2コーラス目に入りません。

    3番線発車列車時刻メモ

    駅別に戻る 路線別(東海道線)に戻る

    最終更新日 2016/04/08