西国分寺

にしこくぶんじ


Nishi-Kokubunji
東京都国分寺市西恋ヶ窪2丁目

使用スピーカー
Roland(1・2)
小VOSS(1・2)
JVC横長型(1・3・4)

メロディ最終変更日(バージョン変更含む)
2017年3月4日

  • スピーカーの位置
    やや低め(1~4)・中ぐらい(1~3)・やや高め(3)

  • 担当支社
    八王子支社

    コメント
    駅解説
    2面2線を有する地上・高架駅です。
    中央線は地上駅、武蔵野線は高架駅となっており交差しています。 中央線ホームは掘割部分にあり、その上部に橋上駅舎を有しています。 中央線の複々線化を考慮し、掘割は十分な幅を持っていてホームの改修により島式ホーム2面4線として機能するようになっています。 駅構内および中央線ホーム上には飲食店やカフェ、床屋などがあります。 中央線は各駅停車・快速のみ、武蔵野線は臨時列車を含むすべての電車が停車します。 むさしの号に関しては当駅を経由しないため通過扱いとなります。

    メロディ・放送解説
    メロディはご当地メロディです。
    1・2番線は比較的鳴りやすいですが、鳴っても余韻切りが多いです。 ラッシュ時か武蔵野線の乗り換え客の乗降を狙うしかないです。 3・4番線は曲が長く1・2番線より鳴りづらいです。 特に3番線は長く時間調整でも中々鳴りません。
    到着放送があります。連動は遅めで被りやすいです。

    変更履歴
    1995年10月頃
    1~4番線の放送装置が更新されメロディが変更されています。

    2008年2月29日
    放送装置を更新しメロディの音質が向上しています。
    また3・4番線のバージョンが変更されています。

    2011年8月6日
    1・2番線のATOS端末が更新され、新型ATOS放送になっています。

    2012年1月22日
    ATOS導入に伴い、3・4番線がATOS型放送になっています。

    2013年頃
    3・4番線の放送装置が更新されメロディのノイズの被り方が変わっています。

    2017年3月4日
    作曲家の信時潔作曲した「一番星みつけた」と国分寺市の歌である「国分寺市の歌」にそれぞれメロディが変更されています。
    作曲者が半生を過ごした地であること地域活性化も図るため、地元商店会等の要望を受け変更されています。
    2・4番線は市が編曲し残りは株式会社スイッチの編曲です。

  • 西国分寺駅
    西国分寺駅ホームの様子(2番線ホームより)

    発車メロディー
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    中央線快速
    立川・八王子・高尾方面
    一番星みつけたA 良い 大きい
    到着放送が被りやすいです。
    中央線快速
    立川・八王子・高尾方面
    一番星みつけたB 良い 大きい
    余韻部分が長く鳴っても余韻切りが多いです。
    武蔵野線
    府中本町方面
    国分寺市の歌A 良い 小さい
    曲が長く鳴りづらいです。いい収録場所がないです。
    武蔵野線
    北朝霞・武蔵浦和・南越谷・新松戸・西船橋方面
    国分寺市の歌B 良い やや小さい
    余韻が短いです。

    2008年2月28日まで
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    武蔵野線
    府中本町方面
    GotadelVient(低い) 普通 やや大きい
    未収録です。
    武蔵野線
    北朝霞・武蔵浦和・南越谷・新松戸・西船橋方面
    拝島1番 普通 大きい
    9秒でフルコーラスでした。

    2012年1月22日までの放送
    番線
    路線名
    使用放送名
    使用接近チャイム
    音量
    武蔵野線
    府中本町方面
    武蔵野PRC放送(男声) 音色Cd 大きい
    放送は各駅停車府中本町行です。
    武蔵野線
    北朝霞・武蔵浦和・南越谷・新松戸・西船橋方面
    武蔵野PRC放送(女声) 音色Bd 大きい
    放送は各駅停車南船橋行です。

    駅別に戻る 路線別(中央線快速)に戻る
    路線別(武蔵野線)に戻る

    最終更新日 2017/03/04