尾久

おく


Oku
東京都北区昭和町1丁目

  • 使用スピーカー名称
    JVC横長型(1・2)

  • メロディ最終変更日(バージョン変更含む)
    2009年9月4日

  • スピーカーの位置
    やや低め(1・2)
    中ぐらい(1・2)

  • 担当支社
    東京支社

  • コメント
    駅解説
    1面2線を有する地上駅です。
    当駅近くには尾久車両センターがあります。そのため車両が留置されているのが見受けられます。 また列車が移動したりするときの雑音が入りやすいです。 駅名の「尾久駅」は「おくえき」と読みますが、 地名である「尾久」(東尾久・西尾久)は「おぐ」と読みます。 この名称の由来に関しては荒川区の広報によれば、当時の国鉄が駅名を決める際、 『おぐ』は訛りだと思い『おく』にしてしまった」のだという話です。

    メロディ・放送解説
    メロディはテイチク製です。
    下りは夕方ラッシュ時、上りは朝ラッシュ時が鳴りやすいです。 ただし朝は通対が出ます。 それ以外の時間帯だと乗降も少なく時間もないので鳴りにくいです。
    到着放送があります。2番線は土休日のみ到着放送後「次は赤羽に止まります」と付帯放送があります。

    変更履歴
    1999年8月31日
    放送装置を更新しベルからメロディに変更されています。
    放送が総武暫定型放送に変更されています。

    2004年12月22日
    ATOS導入に伴い、ATOS型放送になっています。

    2009年8月28日
    放送装置を更新しユニペックス製のメロディに変更されています。

    2009年9月4日
    元のメロディに戻っています。

    2014年11月26日
    上野東京ライン開通準備にあわせて、男声アナウンサーが変更されています。また女声も一部トーンが変更されています。

  • 尾久駅
    尾久駅ホームの様子(1・2番線ホームより)

    発車メロディー
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    宇都宮線 高崎線 (上野東京ライン)
    上野・東京・品川・横浜・平塚・小田原・熱海方面
    あざみ野 V2 普通 やや小さい
    朝ラッシュ時以外は鳴りにくいです。
    ここだけしか使用されていないバージョンです。
    宇都宮線 高崎線
    大宮・小山・小金井・宇都宮・黒磯方面
    大宮・熊谷・高崎方面
    線路の彼方 普通
    放送のみの変更です。余韻切りです。

    2013年11月25日までの放送
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    宇都宮線 高崎線
    大宮・小山・小金井・宇都宮・黒磯方面
    大宮・熊谷・高崎方面
    線路の彼方 普通
    こちらは夕方ラッシュ時でないと厳しいです。

    駅別に戻る 路線別(宇都宮線)に戻る
    路線別(高崎線)に戻る

    最終更新日 2015/01/25