佐貫

さぬき


Sanuki
茨城県龍ケ崎市佐貫町

  • 使用スピーカー名称
    小VOSS(1〜3)

  • メロディ最終変更日(バージョン変更含む)
    2017年6月3日

  • スピーカーの位置
    やや低め(1)
    中ぐらい(1~3)
    やや高め(1~3)

  • 担当支社
    水戸支社

  • コメント
    駅解説
    2面3線を有する地上駅です。
    関東鉄道竜ヶ崎線との乗り換え駅です。 上野よりから水戸よりにかけてカーブしているため2番線以外は発車時は駅員の合図が必要となっています。 そのため1・3番線は駅員が発車メロディを扱います。 3番線が本線ですが、待避しない列車でも2番線から発車する場合もあります。 日中はほとんどが2番線から発車となります。

    メロディ・放送解説
    メロディはご当地メロディーです。
    1・3番線の本線は駅員がメロディを扱います。 1番線は朝が狙い目ですが、ダイヤがきつく曲も長いため中々鳴りません。 2番線は待避する列車が狙い目です。 待避なしの下りは開通が遅くほとんど鳴りません。 待避ありで定刻でも余韻切りが多いです。 3番線はダイヤがきつく遅れがちなのでほとんど鳴りません。 平日朝か夜の特急列車が狙い目です。 それでも曲が長いためフル以上はほとんど鳴りません。

    変更履歴
    2004年2月20日
    ATOS導入に伴い、ATOS型放送になっています。

    2008年1月30日
    放送装置を更新しメロディの音質が向上しています。
    またバージョンが変更されています。
    また上下線でメロディが異なった2番線は上下線とも同じメロディに統一されました。

    2015年1月13日
    上野東京ライン開通準備にあわせて、男声アナウンサーが変更されています。 また女声も一部トーンが変更されています。

    2017年5月頃
    放送装置を更新し低音ノイズの被り方が変わっています。

    2017年6月3日
    メロディが当市の魅力ある地域資源などをイメージさせるものに変更されています。 (メロディの選曲は利用者の応募で決まりました。) それぞれ1番線がRYUとぴあ音頭、2番線がかえるの合唱、3番線が白鳥の湖に変更されています。

  • 佐貫駅
    佐貫駅ホームの様子(2・3番線ホームより)

    発車メロディー
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    常磐線 (上野東京ライン)
    取手・松戸・上野・東京・品川方面
    RYUとぴあ音頭 良い 大きい
    曲が長いためフル以上は厳しいです。
    常磐線 (上野東京ライン)
    土浦・水戸・日立・いわき方面
    取手・松戸・上野・東京・品川方面
    かえるの合唱 良い 大きい
    上りの待避が狙い目です。
    常磐線
    土浦・水戸・高萩・いわき方面
    白鳥の湖 良い やや大きい
    夜の特急が狙い目です。曲が長いです。

    2017年5月頃まで
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    常磐線 (上野東京ライン)
    取手・松戸・上野・東京・品川方面
    WaterCrown(低い) 良い 大きい
    余韻切りです。時間があっても切られることが多いです。
    常磐線 (上野東京ライン)
    土浦・水戸・日立・いわき方面
    取手・松戸・上野・東京・品川方面
    GotadelVient(半音低い) 良い 大きい
    余韻切りです。下りは信号開通が遅いです。
    常磐線
    土浦・水戸・高萩・いわき方面
    GotadelVient(半音低い) 良い 小さい
    余韻切りです。ダイヤがきついです。

    2015年1月12日までの放送
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    常磐線
    土浦・水戸・高萩・いわき方面
    GotadelVient(半音低い) 良い 小さい
    高崎線様からお借りしました。
    この番線だけ音量が小さいです。

    2番線発車列車時刻メモ

    駅別に戻る 路線別(常磐線)に戻る

    最終更新日 2017/06/03