新小平

しんこだいら


Shin-Kodaira
東京都小平市小川町2丁目

  • 使用スピーカー名称
    JVC横長型(1・2)

  • メロディ最終変更日(バージョン変更含む)
    2011年8月8日

  • スピーカーの位置
    やや低め(1・2)
    中ぐらい(1・2)

  • 担当支社
    八王子支社

  • コメント
    駅解説
    2面2線を有する地上駅です。
    2つのトンネル(小平トンネル、東村山トンネル)の間に挟まれた掘割の中にホームがあります。 駅舎は小平トンネルの上の地上にあります。 当駅から東へ約700mに西武多摩湖線青梅街道駅があります。 正式な乗換駅には設定されていませんが、事故等で運転を見合わせている際は、振替乗車票を持って青梅街道駅から乗車するよう指示されることが多いです。 1991年10月に水没事故があったことで有名です。 復旧までは武蔵野線は東京・新習志野~新秋津と西国分寺~府中本町の折り返し運転となり、新秋津~新小平~西国分寺はバス代行となっていました。 むさしの号は当駅から貨物線を通り中央線方面へ行きます。

    メロディ・放送解説
    メロディは東洋メディアリンクス製です。
    両番線とも曲が長いためあまり鳴りません。 1番線は朝ラッシュ時、2番線は夕方ラッシュ時が狙い目ですがそれでも中々鳴りません。 特に2番線は鳴りません。新秋津より鳴りにくく北府中よりかは鳴りやすいです。
    到着放送があります。連動は遅めです。

    変更履歴
    2003年2月27日
    放送がカンノ放送から武蔵野PRC放送に変更されています。

    2011年8月8日
    放送装置を更新しメロディの音質が向上しています。
    また1・2番線のメロディのバージョン・長さが変更されています。

    2012年1月22日朝
    ATOS導入に伴いATOS型放送になっています。

  • 新小平駅
    新小平駅ホームの様子(2番線ホームより)

    発車メロディー
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    武蔵野線
    西国分寺・府中本町方面
    GotadelVient(半音低い) 良い やや大きい
    余韻切りです。平日朝が狙い目です。
    武蔵野線
    南浦和・南越谷・新松戸・西船橋方面
    拝島1番 良い やや大きい
    北府中よりかは鳴りやすいです。

    駅別に戻る 路線別(武蔵野線)に戻る

    最終更新日 2018/03/16