水道橋

すいどうばし


Suidobashi
東京都千代田区三崎町2丁目

  • 使用スピーカー名称
    ユニペックス小丸型(1・2)

  • メロディ最終変更日(バージョン変更含む)
    2006年7月4日

  • スピーカーの位置
    中ぐらい(1・2)

  • 担当支社
    東京支社

    コメント
    駅解説
    2面2線を有する高架駅です。
    都営三田線との乗換駅です。 当駅は東京ドームシティの最寄り駅です。そのため東京ドームでプロ野球の試合や歌手のライブが開催されたり、 後楽園ホールでプロレス、ボクシングなどの格闘技の興行が主に行われたりする際は混雑します。 当駅には非常時の折り返しのため、御茶ノ水寄りに両渡り線が設置されています。 早朝・深夜帯は御茶ノ水で千葉方面への乗り換えが必要になります。

    メロディ・放送解説
    メロディはご当地メロディです。
    普段は時間に余裕もなくラッシュ時でも中々鳴りません。 20時代~21時代(主に平日ダイヤ)は時間調整する電車が多いためその時間帯が狙い目です。 ただし、東京ドーム等でイベント開催時は混雑するため立ち番が出て放送するため注意です。 また時間があっても途中切りされることが多いです。 フル以上は粘りが必要です。 東京行のみの時間帯は2番線のみ自放のユニペックス放送を使用しています。 ただし、切り替えは手動のようでATOS放送で流れることもあるようです。
    到着放送があります。両番線とも女声です。

    変更履歴
    2001年9月14日
    放送装置を更新しメロディの音質が向上しています。
    またとバージョンが変更されています。

    2005年3月9日
    宗次郎の著作権がらみでメロディが変更されています。

    2006年7月4日
    メロディが開業100周年を記念してから 読売ジャイアンツの応援歌「闘魂こめて」に変更されました。 1番線がサビの部分、2番線が歌い出しの部分です。

    2012年10月上旬頃
    自放音源が更新され、自放の発車放送のイントネーションが変更されています。

    2012年11月27日
    ATOS端末を更新し、新型ATOS放送になっています。

  • 水道橋駅
    水道橋駅ホームの様子(1・2番線ホームより)

    発車メロディー
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    総武線・中央線各駅停車
    新宿・中野・三鷹方面
    闘魂こめて やや良い 大きい
    余韻切りです。余韻が長いので中々フル鳴りません。
    総武線・中央線各駅停車
    御茶ノ水・船橋・津田沼・千葉方面
    闘魂こめて やや良い やや大きい
    こちらも余韻が長く鳴っても余韻切り多発です。

    早朝・深夜帯の放送
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    総武線・中央線各駅停車
    御茶ノ水・船橋・津田沼・千葉方面
    闘魂こめて やや良い やや大きい
    余韻切りです。早朝・深夜帯は時間がないため鳴りません…

    接近放送
    早朝の放送
    番線
    路線名
    使用放送名
    使用接近チャイム
    音量
    総武線・中央線各駅停車
    御茶ノ水・船橋・津田沼・千葉方面
    ユニペックス放送 旧中央線標準チャイム やや小さい
    早朝は放送内容が短いです。

    深夜帯の放送
    番線
    路線名
    使用放送名
    使用接近チャイム
    音量
    総武線・中央線各駅停車
    御茶ノ水・船橋・津田沼・千葉方面
    ユニペックス放送 旧中央線標準チャイム やや小さい
    深夜は放送内容が長めです。2回繰り返します。

    駅別に戻る 路線別(中央・総武線各駅停車)に戻る

    最終更新日 2015/03/05