矢向

やこう


Yako
神奈川県横浜市鶴見区矢向6丁目

  • 使用スピーカー名称
    ユニペックス横長丸型(1~3)

  • メロディ最終変更日(バージョン変更含む)

  • スピーカーの位置
    低め(1)
    中ぐらい(2・3)
    やや高め(2・3)

  • 担当支社
    横浜支社

  • コメント
    駅解説
    2面3線を有する地上駅です。
    留置線があり当駅始発が設定されています。 終着電車は設定されておらず、川崎駅で回送になった電車が留置線に入ります。 当駅始発の電車は3番線を使用します。 また矢向車掌区があるため車掌交代が行われることがあります。

    メロディ・放送解説
    メロディは五感工房製です。
    1番線は時間に余裕がないため車掌交代がある場合は ドアが開く前から鳴ることが多く、到着放送が被りやすいです。 また鳴っても余韻切りが多いです。 2番線は時間調整する電車があるのでそれが狙い目です。 ただしフル以上は粘りが必要です。 1・2番線とも朝・夕方ラッシュ時が狙い目です。 日中は時間がないことがほとんどです。 3番線は開通が遅く鳴りにくく、余韻切り以上は厳しいです。
    到着放送があります。
    深夜音量が設定されていて、朝7時10分頃まで音量小さいです。

    変更履歴
    2005年12月16日
    放送が東海道型放送から仙石型放送に変更されています。

    2006年3月27日
    ATOS導入に伴い、ATOS型放送になっています。

    2014年4月5日
    放送装置を更新しメロディの音質が向上しています。

    2017年3月9日
    男声アナウンサーが田中一永氏に変更されています。また女声アナウンサーの一部トーンも変更されています。

  • 矢向駅
    矢向駅ホームの様子(1番線ホームより)

    発車メロディー
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    南武線
    武蔵溝ノ口・登戸・府中本町・立川方面
    JR-SH5-1 良い
    余韻切りが多いです。
    南武線
    川崎方面
    JR-SH2-1 良い
    放送のみ変更です。
    南武線
    川崎方面
    JR-SH2-1 良い
    余韻切りです。今は本数自体減ってしまっています。

    2016年3月8日までの放送
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    南武線
    川崎方面
    JR-SH2-1 良い
    朝・夕方ラッシュ時の時間がある電車が狙い目です。

    2014年4月4日まで
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    南武線
    武蔵溝ノ口・登戸・府中本町・立川方面
    JR-SH5-1 やや良い やや大きい
    到着放送が被りやすいです。
    南武線
    川崎方面
    JR-SH2-1 やや良い やや大きい
    時間に余裕があるため最後まで鳴りやすいです。
    南武線
    川崎方面
    JR-SH2-1 やや良い やや大きい
    始発が使用します。余韻切りが多いです。

    2005年12月16日〜2006年3月27日までの放送
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    南武線
    武蔵溝ノ口・登戸・府中本町・立川方面
    JR-SH5-1 やや良い やや大きい
    余韻切りです。
    南武線
    川崎方面
    JR-SH2-1 やや良い やや大きい
    ドア閉め放送が独特でした。
    南武線
    川崎方面
    JR-SH2-1 やや良い やや大きい
    2番線とドア閉め放送は同じです。

    2005年12月15日までの放送
    番線
    路線名
    使用曲名
    音質
    音量
    南武線
    武蔵溝ノ口・登戸・府中本町・立川方面
    JR-SH5-1 やや良い やや大きい
    これでフルコーラスです。
    南武線
    川崎方面
    JR-SH2-1 やや良い やや大きい
    1番線の電車の音が入ってます。
    南武線
    川崎方面
    JR-SH2-1 やや良い やや大きい
    2番線とドア閉め放送は同じです。

    接近放送
    2005年12月16日〜2006年3月27日までの放送
    番線
    路線名
    使用放送名
    使用接近チャイム
    音量
    南武線
    武蔵溝ノ口・登戸・府中本町・立川方面
    仙石型放送(女声) 音色Ba
    「黄色い線まで下がって」という言い回しに変更されました。
    南武線
    川崎方面
    仙石型放送(男声) 音色Ca
    この言い回しは当駅しか聞けませんでした。
    南武線
    川崎方面
    仙石型放送(男声) 音色Ca
    「○番線」以外は2番線と同じです。

    2005年12月15日までの放送
    番線
    路線名
    使用放送名
    使用接近チャイム
    音量
    南武線
    武蔵溝ノ口・登戸・府中本町・立川方面
    東海道簡易型放送(女声) 音色Ba
    「黄色い線の内側へ下がって」という言い回しでした。
    南武線
    川崎方面
    東海道簡易型放送(男声) 音色Aa
    この言い回しは当駅しか聞けませんでした。
    南武線
    川崎方面
    東海道簡易型放送(男声) 音色Aa
    未収録です。

    駅別に戻る 路線別(南武線)に戻る

    最終更新日 2017/03/29